2007年02月20日

RAMMSTEIN [Volkerball: Bildband Limited Edition]

B000JKA0B0Voelkerball: Bildband
Rammstein
Universal 2007-01-02

by G-Tools


純粋なライブ盤ということでは[ベルリン・ライブ]以来の作品である[Volkerball]はフランスはニームでのRAMMSTEINがいかに熱狂的に受け入れられているかを克明に記録した作品であるだけでなく、彼らの楽曲の良さ・ライブでの演奏能力の高さ・“RAMMSTEIN”というエンターテイメントの他に類を見ない完成度の高さを示してくれる最高のパッケージとなっています。
私はブログの記事カテゴリにRAMMSTEINを作ってしまうくらい彼らのことが好きなので、今回はアマゾンで約1万2000円という些か暴力的な価格設定がなされていたLimited Editionを迷わず購入。届いたダンボールの予想外のデカさと重さに驚きながら箱を開けると変型A4サイズ、190ページに及ぶ豪華な写真集が現れ、表紙の裏にCD2枚、DVD2枚がはめ込まれている仕様。写真集はツアーでのライブシーンよりもむしろそれ以外の様々なシーンを収めており、オフにくつろぐメンバーや純粋なアートと言えるものまで様々な写真を楽しめる正に豪華版です。
本編であるニーム公演の模様は、ここ日本の地では到底実現の見込みがない会場の規模、フルスペックでのライティングや火を使った演出(演出に関しては2005年の来日公演でも85%程度は再現されていたが)、それに熱狂する一体となった数万人のファンなどヨーロッパでの彼らのバンドとしての規模のデカさに圧倒されながら観ていると、現地でこれを体験したいという抗いがたい羨望の中に、日本ではバンドのプロモーションが全くなされていない状況への憤りという不純物が混入している事に気付き、どうにかしたい、もっと多くの人にRAMMSTEINを気に入って欲しい、なんて欲求までも膨らんでくる最高の出来です。それは裏を返せば私自身のRAMMSTEINのライブに対する飢餓感でもあるのだと思う。

Flash Card(トレイラーのようなものが見られます)
posted by replicant at 00:51| Comment(0) | TrackBack(1) | RAMMSTEIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

RAMMSTEIN [Rosenrot]

B000BK8FH4Rosenrot
Rammstein
Universal International 2005-11-22

by G-Tools

発売後かなり時間が経ちますがこれまでこの[Rosenrot]を扱わなかったのはもちろん国内盤の発売を待っていたからです。しかし一度は決まった発売日が延期に次ぐ延期で結局いまだに発売されていません。
これまでのRAMMSTEINは特に[Reise、Reise]時の大掛かりなプロモーションからかなりセールスを伸ばし、昨年は川崎クラブチッタで奇跡の来日公演を実現させ、日本でのRAMMSTEIN人気もこれから盛り上がるかに思えましたが、昨年のSummer Sonic 05出演キャンセルに始まり、[Rosenrot]の度重なる延期による今年の国内夏フェスへの不参加等全くプロモーションがされていません。[Reise、Reise]の成功の後だけにファンは“次”を求めていたと思うので非常に残念な状況です。
本作は昨年の来日時のメンバーのコメントを参照すると、“[Reise、Reise]時に未収録になったいくつかの曲や完成に至らなかった曲をまとめて近いうちにアルバムをリリースする”というものでした。よって曲のマテリアル自体はほぼ[Reise、Reise]制作時のものということで[Rosenrot]の位置づけとしては[Reise、Reise]と対を成すアルバムでありニューアルバムというよりは[Reise、Reise/Rosenrot]でひとつの作品として解釈してもいいのかもしれません。
よって[Reise、Reise]に収録されなかったからといって決して曲のクオリティーが低くい訳ではなく、アルバム通して聴いてもRAMMSTEIN節炸裂のものから新境地といえるものまで、非常にバラエティーに富んだ内容になっています。RAMMSTEINらしい曲としては鋼鉄ギターリフと威厳に満ちたティルのヴォーカルが素晴らしい(1)Benzin(2)Mann Gegen Mann(4)Spring(7)Zerstoren、新境地(5)Wo Bist DuはこれまでのRAMMSTEINにも感じられたゴシックの要素が非常に強く、メロディーの煽情力も際立っています。(6)Stirb Nicht Vor Mir/Don't Die Before I Doはタイトルに英語が使われている通り英語で歌う女性ヴォーカルとのデュエット・ソングで、ティルの何やらいつも以上にロマンティックなヴォーカルと曲そのものの美しさに心惹かれながらもRAMMSTEINの曲であることにいい意味で驚かされます。しかしこのアルバムでいちばんファンに耳を捕らえるのは(9)Te Quiero Puta!かも知れません。スペイン語にもかかわらずRAMMSTEINとしてのアクの強さを失わないティルのヴォーカリストとしての個性とテンションの高さ、歌詞のヤバさ(英語にするとI Love You Bitch!といったところでしょうか)がアルバムの中でも強烈な個性を放っています。
そして私が購入したDVD付き限定盤には3曲のライブ映像が付いておりフランス、日本、イギリスのものが収録されています。海外の2曲と日本の映像を比べるとやはり相当バンドの位置付けが違うのだと実感しますが、それだけにこのアルバムをしっかりプロモーションして少しでも“フルセットでの来日公演の可能性”を高めて欲しかったと思います。

試聴する
posted by replicant at 01:29| Comment(4) | TrackBack(2) | RAMMSTEIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

RAMMSTEIN [Sehnsucht]

B0000057C5Sehnsucht
Rammstein
Slash 1998-01-13

by G-Tools

筆者が初めてRAMMSTEINを聴いたのはこのセカンドアルバム[Sehnsucht]に収録されている(5)Du Hastでした。
PVにはバンドによる演奏シーンが全く無く映画[レザボア・ドックス]を彷彿させるモノトーンの映像とドイツ語で歌われるメタルのあまりのハマりっぷりに翌日にCDを買いに行くほどそのサウンドは耳を捕らえて離れなかったのを覚えています。後に映画[THE MATRIX]のサントラにも採用されそこでも大きくRAMMSTEINの名前を広げることに成功しました。
ドイツ出身のイメージに相応しい硬質のギターサウンドとティル・リンデマン(Vo)の圧倒的な存在感、ヘヴィだかメロディが強くすぐに覚えられる楽曲のわかりやすさなど、今まで自分が抱いて来たメタル・ミュージックに何か新鮮な空気が触れたように全く新しい存在感にただただ圧倒されました。
このアルバムはRAMMSTEIN史上最もエレクトロニック・サウンドが多く取り入れられていたアルバムですが、例えばアメリカのNINE INCH NAILSやMINISTRY、MARILYN MANSONなどの同系統のアレンジを施すバンドと比べてもそれほどノイジーな音色ではなく、ヨーロッパのバンドらしいきめ細やかなアレンジが曲に映えています。
全体として1stアルバム[Herzeleid]よりもポップなためか、あまりこの[Sehnsucht]を気に入ってないメンバーもいるようですが、(5)Du Hast同様、今でも必ずライブで演奏される(1)Sehnsuchtや妖艶な女性ヴォーカルがフィットしている(2)Engel、怪しい雰囲気とザクザクと刻まれるギターが素晴らしい(7)Spiel Mit Mir。今聴いても失われる事のない魅力ある楽曲は2ndアルバムにしてRAMMSTEINの“らしさ”を揺るぎないものにし、続く3rd[MUTTER]でその完成形を示しました。
posted by replicant at 00:18| Comment(1) | TrackBack(1) | RAMMSTEIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

RAMMSTEIN [Mutter]

B00005AAFSMutter
Rammstein
Universal International 2001-04-03

by G-Tools

RAMMSTEINは本当に大好きなバンドです。

旧東ドイツ出身という特異性と重く、冷たく変態的なサウンドイメージのせいかいまだ日本では人気爆発とは行きませんが、この[Mutter]辺りから徐々に人気が出てきたように思います。
本作は1st、2ndの成功を受けて周囲の期待も相当に大きな中で制作されたアルバムで、制作期間も制作費もかなりかけて完成に至ったアルバムで、全体的には威厳に満ちた重々しさが加わった感じでしょうか。
2ndで顕著だったエレクトロニック・サウンドが後退し、オーガニックで、よりオーソドックスなメタルサウンドになり、ティルのヴォーカルがより説得力を増したメロディーを歌うことによって1曲1曲の個性が際立ち、完成度の高い曲が続きます。
このアルバムの中で最もメジャーなのは何と言っても映画[XXX](ヴィン・ディーゼル主演)のオープニングで本人達のド派手なライブパフォーマンスを披露した(5)FEUER FREI !です。映画の性質上、あまりにもハマり過ぎており普段ロックを聴かない人達まで幅広くアピールすることに成功したという意味でもプロモーションとしてかなり有意義なものだったんじゃないでしょうか?昨年6月の来日公演でも火炎放射器で映画と同じ演出を見せてくれました。
ライブで盛り上がる(2)LINKS 2 3 4(3)SONNE(4)ICH WILL(9)REIN RAUSや、METALLICAの[The Unforgiven]をもっとドラマティックにしたような(6)MUTTER、超重低音リフとせつないメロディーの対比が美しい(7)SPIELUHR、LED ZEPPELINへのオマージュのような(1)MEIN HERZ BRENNTなど、今までのRAMMSTEINのアルバムの中でも一番曲のクオリティーが高いと思えるほどの完成度を誇ります。個人的には人にRAMMSTEINを薦めるときはこのアルバムからと思っている程気に入っています。また、サウンド面でも非常にプロデュースされた音の中で特にドラムの音が素晴らしく、ギターの轟音の中でもシャキッと響いてきます。
MALYRIN MANSONやROB ZONBIEが好きな人はもちろん、HIMやTHE RASMUS等(出音は全く違いますが・・・)ゴシックがかったメロディアスなロックが好きな人にも受け入れられると思います。
posted by replicant at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | RAMMSTEIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

RAMMSTEIN 「Reise,Reise」

Reise, Reise
Reise, ReiseRammstein


おすすめ平均 star
star嗚呼ゴート族よ、前進、前進!
star「Moskau」のためだけでも買う価値あり
star確かに・・・
starちょっと大人しくなったような

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

RAMMSTEINは本当に大好きなバンドのひとつです。

映画「トリプルX」の冒頭シーンで炎のライブパフォーマンスを見せた“あの”バンドです。そのど派手なライブと判りやすい曲でヨーロッパでは早くからブレイクしていましたが、日本では消防法などの関係から満足な来日公演が行われず、その人気・知名度には相当な格差があります。

もともと“インダストリアル風味のメタル”などとカテゴライズされる彼らですが、通算4枚目のこの「Reise,Reise」は3枚目の「Mutter」で見せた、オーガニックでメロディアスな方向性をさらに推し進めた多様性のあるアルバムになりました。まぁどんな曲をやろうがあの朗々と歌い上げ、時には吐き捨てるドイツ語のヴォーカルが聴こえて来れば、どんな曲でもRAMMSTEINになってしまう訳で、「Los」はアコースティックだし、「Moskou」は歴代RAMMSTEIN史上もっともポップなメロディがあります。

彼等は2005年6月に川崎クラブチッタでたった1回限りの来日公演を行いました。消防法などうるさい日本でのライブなので心配しましたが、RAMMSTEINらしい演出盛りだくさんのど派手なパフォーマンスを見せてくれました。あのライブを見ればファンは確実に増えるだろうなぁというものだったので(個人的には2005年ベストライブです。)その後、サマソニ’05の出演キャンセルはとても残念でした。。

その後RAMMSTEINは既に次のアルバムにあたる「Rosenlot」を発表していますが、これは「Reise,Reise」製作時に使わなかった曲と新たな新曲を入れた言わばReise,Reise2のようなものらしいです。日本のユニバーサルは相変わらず国内盤発売を遅らせているのでまだ未聴ですが、数曲試聴した限りこちらも中々いい仕上がりみたいで楽しみです。
続きを読む
posted by replicant at 12:22| Comment(1) | TrackBack(1) | RAMMSTEIN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。