2007年04月21日

NW-A808

B000O2TL5ESONY ウォークマン Aシリーズ ビデオ対応 8GB バイオレット NW-A808 V
ソニー 2007-03-21

by G-Tools

ロックのみならず音楽好きを自認する人ならば音楽を携帯するということにも少なからずこだわりがあるでしょう。私もカセットテープのウォークマンから始まり、CD、MDと移り変わり現在はSONY製デジタル・オーディオ・プレイヤーを使用するようになりました。そして今回新しくSONYから発売された[NW-A808]を購入したところとても素晴らしい出来だったので紹介してみようと思います。
携帯音楽プレイヤーはPC接続を前提としたHDDタイプやメモリタイプが台頭するまではSONYやケンウッドのMDプレイヤーが主流だったと記憶していますがアップル社が発売したiPodの爆発的な成功により日常の音楽との付き合い方までもが変わる大きな節目を迎えました。大容量のメモリにPCに貯めた曲を何百曲、何千曲と転送でき、何を聴くか迷うという状況を引き起こし便利な反面、ますますリスナーの耳を長く引き付けておくことが難しい時代になりました。
ところで私はこれまで一度もiPodを購入したことはありません。理由はやはり音です。それまでのMDプレイヤーの音に慣れている耳にはあの低音が歪み、高音が突き刺さるようなサウンドは大きなマイナスポイントでした。そんな私が最近まで使用していたのはSONY製のNW-A1000という機種でSONYらしい洗練されたデザインで、やっとMP3プレイヤーに本腰を入れたかと思わせるものでしたが、PCからの転送ソフトがそれまで改良を重ねて作り上げたSonicstageから新たに作成されたConnect playerに変わったことで未成熟なソフトウェアの欠点をこれでもかと言わんばかりに露呈し、同時にレスポンスの悪いボタン操作、SONY製とは思えないバッテリー駆動時間などなど急いで出した感が否めないというのが使ってみての正直な感想でした。
今回私が購入した新しいウォークマンAシリーズの[NW-A808]は2インチのカラー液晶、高画質ビデオ再生機能、大幅な音質向上を実現した4つのクリアオーディオ・テクノロジーなど大幅な改良により初めて先を行くiPodに比肩するハードになったとの印象です。
まず製品が収まっている箱自体がとても小さい!本体は店頭でモックアップに触れてわかっていたとはいえあまりの小ささ、薄さに度肝を抜かれます。

g.jpg携帯と比較2.jpgA1000r.jpg
小ささが伝わりますか?最初に手にしたときのインパクトは大!右端の写真はNW-A1000との比較です。

早速PCに繋いで転送ソフトSonicstage CPで楽曲を転送してみるとNW-A1000よりも若干転送に時間がかかる印象。4つのクリアオーディオ・テクノロジーのうちの3つ、圧縮音源の高音域を補完する[DSEE]、ステレオの左右の音の混在を抑制する[クリアステレオ]、歪むことなく低音をブーストする[クリアベース]をそれぞれONにして(クリアベースは+3まで設定できる。私はもちろん+3)まずは付属のカナル型(耳栓型)ヘッドフォン(4つ目のクリアオーディオ・テクノロジー)で聴いてみる。さらに5バンドのイコライザを好みに調整すると……今まで聴き慣れた曲が明らかに鮮明さを増し音像に広がりが感じられます。
CRCU.jpg
これまで聴き込んだ楽曲でもいままでは聴き取れなかった音が聴こえ、とても新鮮な気分になります。付属のヘッドフォンはこのウォークマン用にチューンアップしてあるのか満遍なく低音から高音までとてもよく響きます。例えば電車など移動中の雑音の中でも、RAMMSTEINの[Mutter]アルバムを聴いていると(3)Sonneではアイン…ヅヴァイ…ドライ…のカウントするティルの迫力ある声がはっきりと聴き取れるし、(10)Adiosの冒頭に電子ノイズのような高音が流れていることすらはっきり聴こえます。
さらにはKORNの[See You on The Other Side]アルバムの(1)Twisted Transistorではイントロの鼓動のようなSEから曲が始まるまでの全てノイズがハッキリ聴こえ、どこかの部族の儀式のような掛け声が迫ってくる部分も頭の中をぐるぐるまわりながら冒頭のギターリフにつながるまでがとても鮮明に聴こえます。
ヘッドフォンを普段私が使用しているゼンハイザーのPMX-200に替えてみるとあまり音質に変化がありません。たしかにPMX-200の方がより音像に広がりを感じることが出来、低音も若干PMX-200の方が出ますが、高音に関してはより密閉度の高い付属のヘッドフォンの方がいいように思いました。正直ここまで遜色ないものが付属しているということに驚いてしまいます。カナル型ヘッドフォンに抵抗がないという人であればわざわざヘッドフォンを別に買わなくても十分にこのウォークマンの音質を堪能出来るレベルでしょう。また全てのボタン操作に対するレスポンスがとても早くサクサク操作出来るのはNW-A1000を使用していた私にはとても大きな満足感を得られるものでした。
そしてウォークマンという名前のもとで初めて実現したビデオ再生機能ですが2インチのディスプレイは非常に高精彩で秒間30コマで映し出される映像は期待以上に滑らかでとてもきめ細かいという印象です。

rfI?@.jpgrfI?@2.jpg
RAMMSTEINのライブ映像から。予想以上の滑らかさ、鮮やかさです。


映像をウォークマンに転送するためには今のところImage Converter というSonicstage CP以外のアプリケーションを使わなければなりませんが(いずれSonicstage CPで映像も転送出来るようになって欲しいですね)、DivXなどのファイル形式でもImage Converterが変換してウォークマンに転送してくれるので難しい操作は全くありません。変換にかかる時間はパソコンのスペックによっても違うのでしょうが1時間40分の映像(700MB、DivXファイルからMPEG-4 AVC(H.264) Baseline Profileへの変換含む)で30〜40分かかりました。変換や転送にかかる時間を考えると頻繁にビデオ映像の出し入れはしたくありませんが2インチ画面に映し出される映像は予想以上に良いものでした。
ちなみにバッテリー持続時間は往復3時間の通勤を使い続けても(音楽再生のみ)1週間持ちました。NW-A1000に比べれば倍以上のスタミナです。
使用してみてのトータルな評価としては
・音質の良さ
・レスポンスの良さ
・バッテリー持続時間の長さ
などがこれまで使ってきた携帯音楽プレイヤーの中でも最もクオリティーの高いと言い切れる点で、
・デザインを含めた所有物としての満足感
・ビデオ再生機能の予想外の出来のよさ、鮮明さ
が付加価値として他の携帯音楽プレイヤーとの差別化のポイントとなるでしょう。
私自身もこのウォークマンを購入してから新譜で純粋に音の良さを実感するばかりではなく旧作を良い音で聴き直すという楽しみも出来ました。本当に満足感の高いプレイヤーで、音楽好きな方なら迷わずこの音質を選ぶでしょう。SONYの底力を久々に見たような気がしました。

ただひとつ、直接ウォークマンに関係ありませんが同時に発売されたネックストラップは購入して大失敗だったと言わざるを得ません。この商品は首の後ろに長さ調節を兼ねたプラスチック製の接合部があるのですが使用しているうちに緩くなり、あっという間に使い物にならなくなってしまいます。私の場合、頻繁に接合部を取り外ししてしないにもかかわらず2週間程で使用不能になってしまいました。アクセサリーについては純正品以外の物が出てくるかも気になるところです。


posted by replicant at 01:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

2006年が終わりました。

あっという間に2006年を振り返る時期になったことに焦燥感を感じずにはいられませんが、このブログのスタートがちょうど1年前で私的2005年のベストアルバムを載せています。2005年は大物バンドのリリースも多く、ハイレベルな作品が多かった中、解散という衝撃とバンドのポテンシャルを超越した最高傑作[The Funeral Album]で全て持って行った感のあるSENTENCEDが最も素晴らしく、記憶に残る作品であったと感じます。
2006年は大物の作品のリリースは少なかったものの、2005年ほどではないにしろ多くの素晴らしい作品がリリースになり、全体的には豊作の年だったと言えるのではないでしょうか。
そこで今年も2006年を振り返り私個人的に良かったアルバムをいくつかあらためてここに挙げてみたいと思います。順位は付けられませんが、特に良く聴いたアルバム達です。

KILLSWITCH ENGAGE [As Daylight dies]
 昨年最も良かったのはこのKILLSWITCH ENGAGEのニューアルバムです。本来アンダーグラウンドな音楽であったヘヴィメタルが市民権を得て最も隆盛したのはいつのことでしょうか?このアルバムはメタルを再び音楽シーンの最前線へ運ぶだけのポテンシャルを持った、恐ろしく高いポピュラリティーを持ったアルバムです。聴く度に勇気が湧き力漲る滋養強壮アルバム。

PROTEST THE HERO [Kezia] 昨年目立ったWOLFMOTHER、ROADSTAR、THE ANSWER、SAOSIN、Red Jumpsuit Apparatusなど勢いのある若手バンドの中でも特に個人的に気に入ったのがこのPROTEST THE HERO。プログレッシな展開と豊かなメロディーが絶妙で◎。プログレッシブメタルとハードコアが50%ずつではなく100%で主張しあう。

AMORPHIS [Eclipse]
大幅なメタル度復活によってAMORPHISへの期待度を全ての面で上回った会心作。正直ここまで良いとは全く予想出来ませんでした。新ヴォーカリストの持つエッジも今の音楽性を十二分に引き立てている。ファンのこのバンドに対する理想形とバンドのやりたい事が見事に合致した幸福な1枚。SENTENCED亡き後は彼らに期待するという人も多いのでは?

SAOSIN [SAOSIN]
新人ながら高い音楽性と素晴らしいメロディーメイカーぶりでエモ/スクリーモ界に新風を吹き込む存在感。透明感ある歌声とバンドのアンサンブル(ドラム!!!!!!)が素晴らしく、泣きメロのオンパレードに思わず涙腺がゆるむ。やっと国内盤も発売!!

BLIND GUARDIAN [A Twist In The Myth]
 あからさまな路線変更はせずとも新しいことにチャレンジしつつ、これまでバンドが築きあげたクオリティーを全く損なわない楽曲群はさすがです。メンバーの野暮ったいイメージ(失礼!)で損をしているようで、もっともっと人気が出ていいはずの音楽クオリティー。

TRIVIUM [The Crusade] ヴォーカリスト・マットの才能が開花。全方位型メタルに近づいた。今回も若々しく勢いのある作品だが、細かなリフ展開、豊かな歌メロ等格段に成長している。彼らにメタルの未来の一翼を担ってもらわなければと勝手に確信した1枚。

IRON MAIDEN [A Matter Of Life And Death]
 最初は平坦に聴こえるが聴き込む毎に深みを増す作品。その聴き込みに疲労を感じさせないだけの求心力を持っており、今回も全く衰えないB・ディッキンソンのヴォーカルは恐ろしい。

IN FLAMES [Come Clarity]
 現在の世界的なメタル景気の立役者のひとりIN FLAMES。アメリカのモダンなサウンドを完全に自分たちのモノにした自信漲る作品。いまだにデビュー時からの暴虐性と叙情性に磨きがかかっている。

SCAR SYMMETRY [Pitch Black Progress]
 基本的に前作踏襲ながらヴォーカル、クリスチャン・アルヴェスタムの変幻自在の歌いっぷりが見事。痒いところに手が届いてしまう多彩な楽曲やギターソロも素晴らしい。

TOWERS OF LONDON [Blood Sweat & Towers]
パンクの初期衝動とわかりやすいコーラス、風貌等全てが聴いた者の目、耳を捉える。太く短い活動が予想される(!?)だけに次作には大化けを期待したい。

STONESOUR [Come What (Ever) May] 正直、コリーがこのバンドについて熱く語っている様やこのアルバムの充実ぶりを考えるとSLIPKNOTの将来すら危惧してしまいます。コリーの歌心を存分に楽しめる素晴らしい楽曲満載の1枚。名曲Through Glassだけのアルバムではない。

他にも例えばMY CHEMICAL ROMANCEの[The Black Parade]やRed Jumpsuit Apparatusの[Don't You Fake It]、36 CRAZYFISTS[Rest Inside The Flames]などは聴き込みの時間が足りず次点としますが、どれも本当に素晴らしい内容なので近いうちに更新したいと思います。
挙げればキリがありませんがWolfmother[Wolfmother]ROADSTAR[Grand Hotel]LOSTPROPHETS[Liberation Transmission]Bullets And Octane[In The Mouth Of The Young]ANGRA[Aurora Consurgens]、The Answer[Rise]などもとてもいい出来で常にヘヴィーローテイションでした。
The Answer[Rise]は満を持して国内盤が発売になりますが、近年まれに見る並外れた能力を持つヴォーカルのコーマック・ニーソンはぜひ今年中にライブで観たい1人です。

今年は大物(METALLICA、MEGADETH、JUDAS PRIEST、GUNS N' ROSES!?、VELVET REVOLVER)のアルバムが多く出ます。その合間にもまた昨年同様たくさんの秀作に出会えることを願ってやみません。
posted by replicant at 00:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

まぁ、始めてみようかと...

ここでBlogを始めてみようかと...

これは自分の好きなROCKのためのサイトです。

まずは2005年度「これは良かった!」ベスト10

SENTENCED 「The Funeral Album」
SYSTEM OF A DOWN 「Mezmerize / Hypnotize」
TRIVIUM 「Ascendancy」
RAMMSTEIN 「Reise,Reise」
STORY OF THE YEAR 「In The Wake Of Determination」
OPETH 「Ghost Reveries」
DREAM THEATER 「Octavarium」
BULLET FOR MY VALENTINE 「The Poison」
THE RASMUS 「Hide From The Sun」
FALL OUT BOY 「From Under The Coak Tree」

2005は豊作の年でした。今年もそう願いたい。。
posted by replicant at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。