2007年09月30日

Amorphis [Silent Waters]

B000TGQDZ6Silent Waters
Amorphis
Nuclear Blast 2007-09-18

by G-Tools


“今現在の自分の知恵や経験を持ったまま若い頃に戻れたらどんなに良いだろうか”人は皆1度はそんな事を考えたことがあるのではないでしょうか?Amorphisはどうやら自らの音楽でその夢を実現してしまったかのようだ。
前作[Eclipse]は私にとって文句なしの傑作でした。Amorphisの過去の絶頂期のフィーリングを取り戻し(主に3rd[Elegy]が引き合いに出された)、SENTENCEDの遺伝子が埋め込まれたようなヘヴィネスと悲哀の結晶のような楽曲に、新加入のヴォーカル、トミ・ヨーツセンの地鳴りのような咆哮とエモーショナルなクリーンヴォイスという素材が大きな求心力となってSENTENCEDの終焉で大きな虚無感に満たされていた私の心に手を差し伸べられたような錯覚を覚えたアルバムでした。通算8作目にあたる[Silent Waters]はその傑作[Eclipse]と双子のようなアルバムで、今回の楽曲も新たな絶頂期であることを確信させるクオリティーを誇っています。
まさに復活作となった[Eclipse]は[Elegy]や[Tales From The Thousand Lakes]でAmorphisに狂喜したファンはもちろんのこと、彼らを知らなかった新しいメタルファンからも大いに注目を集め、バンドをシーンの第一線に押し戻す成功を収めました。傑作というのは、何回も繰り返し繰り返し聴かれ、人それぞれが思い入れと愛情を持っているため、その次の作品というのはどんなに良いアルバムであってもその内容を正当に評価することが難しいものです。
しかし本作は内容的にもサウンド的にも前作を引き継いでいるものになっており、楽曲のクオリティーも前作に負けないものだと感じました。微妙な変化と言えるのは前作はアルバム[Elegy]と比べられるべき内容でしたが、本作が持つアグレッションはどちらかというと[Tales From The Thousand Lakes]のそれであるということです。そこに[Tuonela][Am Universum]等を経た経験値が絶妙にミックスされ過去の焼き直しではないAmorphisの“いま”を伝えるサウンドになっているのだと思います。
トミ・ヨーツセンの才能は本作でさらにバンドの長所となって大きく成長しており、定評のあったデス・グロウル系ヴォーカルと感情豊かなメロディーヴォーカルのメリハリは巧みさを増して、特に悲哀に満ちたメロディーヴォーカルでの表現力はより安定感と繊細さを増しました。(3)Silent Waters(5)I Of Crimson Blood(10)Black River等はそうした特徴がよく出た楽曲でポップな質感すら感じるメロディーの柔らかさと憂いに満ちた感情がトミのヴォーカルに乗って聴き手に伝わってきます。しかし本作で聴き手を最も熱くさせるのは(2)A Servant(4)Towards And Againstのようなヘヴィーチューンでしょう。前作で得た経験値を土台に、より攻撃的な躍動感に満ちた楽曲は前作にはなかったものです。現在の自分たちの個性に磨きをかけながら過去のキャリアのエッセンスを注入する余裕と冷静さが光る作風はバンド史上最高傑作である[Eclipse]に確かな成長の跡を上積みした結果であり、新たに始まった彼らの絶頂期を確かなものとする安定感を感じさせます。
音楽シーン全体で見ればまだまだアンダーグラウンドな存在の彼らに本作で初めて出会った方はぜひ前作[Eclipse]も聴いていただきたい。

試聴する((1)Weaving The Incantation(6)Her Alone(8)Shamanと(3)Silent WatersのPVが観られます。)
posted by replicant at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログをリニューアルしました。アモルフィスはまだ未チェックなのですが、ちょっとチェックしようかな?って思いました。
ブックマークに登録させていただきました。
Posted by ビィちゃん at 2007年11月15日 18:45
久しぶりですね!

新しいブログにもまたお邪魔します。

そろそろ年の瀬が近づいてきて今年のベストアルバムは?なんて事を考える時期になってきましたね。Amorphisのニューアルバムは私の中でベスト3確定です。
Posted by replicant at 2007年11月23日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。