2007年09月28日

DREAM THEATER [Systematic Chaos]

B000PFUAO6Systematic Chaos
Dream Theater
Roadrunner Records 2007-06-05

by G-Tools


DREAM THEATERはこれまで彼らがやってきた音楽、すなわちプログレッシヴ・ロックへのあこがれを自らが直接受けたヘヴィーメタルの影響を他人に真似できないレベルで融合させることによって生まれる、唯一無二のプログレッシヴ・メタルを生み出し、もはやベテランとしてシーンに確固たる地位を確立し未だに大きくなり続け、メンバーチェンジやメンバー個人のミュージシャンとしての飛躍、私生活の変化などを糧としながら多くの名作を生んできました。
長年在籍したメジャーレーベルからインディーでメタル系に強くメジャー級の配給力を持つRoadrunner Recordsへと移籍し新しい章の始まりと位置づけた彼らにとっての9作目が発売になりました。大作傾向、コンセプチュアルな前作と比べると1曲1曲が独立した比較的シンプルにまとまった本作ですが、これまでの彼らを応援してきたファンへの気持ちと新しい出発に際し貪欲に自らをアピールする2面が交差する充実の内容となっています。
前作はそこかしこに隠されたグランド・コンセプトと多様でメロディーに長けた楽曲、それを表現者としてまた一歩前進したジェイムズ・ラブリエのヴォーカルの素晴らしさによって元々高水準のアルバムばかりの彼らの作品の中でも特別な1枚となった作品でした。とりわけアルバム・タイトルトラックの「Octavarium」は今まで全ての時代のDREAM THEATERに通ずるドアのような、それでいて今後の彼らの曲作りの指針となるべき曲で、今も聴くたびに新たな発見があり、曲が成長し続けているような感覚に捕らわれる奥深い1曲としてDREAM THEATERの歴史に加わった名曲でした。
本作はコンセプトアルバムではなく1曲が独立した世界を持つ楽曲が並んでいます。(1)In The Presence Of Enemies Pt.1(8)In The Presence Of Enemies Pt.2だけがタイトルからもわかる通り元々25分あった大作を二つに分けオープニングとエンディングに配置することでアルバム全体のイメージすら決定づける役割を持つ重要な曲となっており、前作の「Octavarium」の壮大さとはひと味違ったメタリックでダークな世界観を提示しています。ラブリエのヴォーカルは計算され尽くした歌メロの中で繊細さと邪悪でダーティーな声音を上手く使い分けていて、アルバム[Awake]時に試みて上手くいっていなかった声質のポップさを補完する威厳を手に入れたようです。ダークな雰囲気(アルバム全編そうだが)ながら本作の中で一番ポップな曲とも言える(2)Forsaken、アルバム[Train of Thought]に入っていてもおかしくない攻撃的なリフで押しまくるMETALLICAソング(3)Constant Motions、本作でのジョン・ペトルーシ(g)の一番のギターソロが聴ける(5)Repentance、痛烈なメッセージを含む歌詞とQUEENのようなアイデアを活かしたライブ映えしそうな(6)Prophets Of War、(1)(8)に負けず劣らずエピックでメロディアスな(7)The Ministry Of Lost Souls等どれも強力なインストゥルメンタルとラブリエの本領が発揮された楽曲です。
メロウな曲はあっても暖かみや優しさ、希望、明るさといった暖色系のメロディーは殆ど皆無でどんな場面でも光を遮るダークなメロディーが支配しているのが本作の特徴でしょうか。それでも灰色に沈んだ暗いイメージに陥らないのはジェイムズ・ラブリエの色彩豊かなヴォーカルラインとジョン・ペトルーシ(g)、ジョーダン・ルーデス(key)等によるメロディーの洪水のごとき演奏によるところが大きいでしょう。アルバムを何度も何度も聴き込む事によって、楽曲の中で何が行われているか発見していく楽しみは本作でも尽きることはありません。

ファンの方はもうご存じとは思いますが、本作[Systematic Chaos]に伴うジャパン・ツアーは現在のところ武道館1回限り(しかも平日!)と発表されました。このクラスのバンドが武道館とはいえ1回公演など言語道断。必ず近いうちに戻ってきてもらいましょう。

試聴する(本作からは特にヘヴィーな2曲(3)Constant Motion(4)The Dark Eternal Nightの試聴が可能です。)
posted by replicant at 21:42| Comment(0) | TrackBack(1) | DREAM THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー
Excerpt: 個人的には、この前のアルバムに入っていたShe Will Be Lovedが好きですがこのアルバムに入っている、Makes me wonderも好きです!デートのときとかに、ドライブしながら聞くのにオ..
Weblog: ロックを攻める
Tracked: 2007-10-17 15:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。