2007年08月30日

NOCTURNAL RITES [The 8Th Sin]

B000PHWD9OThe 8th Sin
Nocturnal Rites
Century Media 2007-05-28

by G-Tools


このアルバムは売れなければならない。

少々大げさな言い方ですが、なぜならバンドの演奏力・歌唱力、楽曲のクオリティー、サウンド、そのどれもがこのバンドの過去を凌駕しているだけでなく、近年のメタル景気に沸く欧州産ヘヴィメタルバンドの作品としても“その他大勢”を蹴散らしてしまう素晴らしい内容になっているからです。
NOCTURNAL RITESはメロディック・パワーメタルだと言って良いと思いますが、このバンドの長所はHELLOWEENやSONATA ARCTICAのファンは当然楽しめ、FAIR WARNINGのファンも楽しめるというところです。GOTTHARDのスティーブ・リーとFAIR WARNINGのトミー・ハートを想起させるジョニー・リンドクヴィストの熱い歌声の長所を十分に意識した曲作りの上手さにはさらに磨きがかかり、北欧のロックバンドが得意とするメロディーのドラマティックさ、ポップ感、哀愁美をリンドクヴィストの聴き手を射抜く声で自在に表現し、そこに伝統とモダンさを上手くミックスしたギターワークとキーボードによる味付けで仕上げた楽曲は過去のどのアルバムをも上回る出来映えです。
またリンドクヴィストと2枚看板とも言えるニルス・ノーベリの流麗でテクニカルなギターソロの数々が今回特に充実しており、組立のしっかりした美しく流れるようなソロがいずれの曲でも輝き、中でも(1)Call Out To The Worldは楽曲の良さに呼応するような見事なソロを披露しています。
このアルバムの頭4曲、とりわけ冒頭2曲の出来は緊張感漂うメロディーの質やわかりやすさ、ギターソロなど非常に強い印象を残すキラーチューンで今後の彼らの代表曲へと育っていくべき楽曲です。また(9)Meもこれまでの彼らからすると異色の曲ではありますがリンドクヴィストのもの悲しくも熱を帯びた絶品のヴォーカルと柔軟な作曲センスで将来の伸びしろを感じさせつつアルバムの良いアクセントになっています。
現在のロックシーンでは上手いヴォーカリストと上手いギタリストという両輪の華が存在するバンドであるということ自体とても希少価値のある存在といえると思いますが、NOCTURNAL RITESはその二つの個性を十二分に生かしたヘヴィメタルをやっているという点でシーンを一歩リードする存在と言えそうです。
まだ十分な評価がされていないバンドの一つなので、未聴の方はぜひこのアルバムでNOCTURNAL RITESの存在を知ってください。

新作からは(2)Never Againの試聴とビデオが見られます。
posted by replicant at 21:19| Comment(1) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NOCTURNAL RITES [The 8Th Sin]: IMAGESandWORDS
Posted by 激安水着通販 at 2013年07月11日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

NOCTUNAL RITES:"THE 8TH SIN"(2007)
Excerpt: NOCTUNAL RITES:2007〜"THE 8TH SIN"についてのレビューです
Weblog: 黒矢龍作のCDカタログ-N
Tracked: 2007-09-16 17:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。