2007年05月27日

WITHIN TEMPTATION [The Heart Of Everything]

B000NDFIYWザ・ハート・オブ・エヴリシング
ウィズイン・テンプテーション キース・カピュート
ロードランナー・ジャパン 2007-04-11

by G-Tools



名作[The Silent Force]が大きな成功を収めたゴシック・メタルバンドWITHIN TEMPTATIONの通算4作目にあたる[The Heart Of Everything]は曲の良さ、サウンド、そしてこのバンドの要である女性ヴォーカル、シャロン・デン・アデルの歌唱(メロディーの美しさ、表現力の増幅)の全てが前作を上回る出来映えで、正直前作を上回るのは無理なのでは?と個人的に感じていただけに本作の見事な完成度の高さにはただ驚嘆するばかりです。
前作[The Silent Force]は飛躍的に向上した楽曲アレンジと美しいメロディー、シャロンの天使のような透明感ある歌声が素晴らしく、ほぼ全編にわたって導入されているストリングスのアレンジの豪華さも手伝い、メタルでありながらクラシック音楽と同様の優雅さをも表現した、まさにゴシックメタルの新たな最高到達点としてWITHIN TEMPTATIONの隆盛を示したアルバムでした。NIGHTWISHを剛とするならばこのWITHIN TEMPTATIONは柔であり、その特徴は優雅な美しさ、優しさなどある種包容感を感じさせるもので、それを意識してか尖ったギターリフや必要以上のギターソロなどは極力抑えてストリングスアレンジの繊細さとシャロンのシルクのようなヴォーカルを全面に押し出すというスタイルが顕著となりました。

本作はそんな大成功した前作を超えると信じて制作したメンバーの自信と余裕が感じられるような、さらなるクオリティーの向上を追求したことが如実に感じられる成熟度と探求心に溢れています。前作からの変化といえばアルバム全体としてバラエティーに富んでいる事でしょう。[The Silent Force]と比べてみると同じような曲調、サウンド・プロダクションだったのに対して本作はヘヴィでテンポが早い曲(といってもツーバスドコドコってほどの曲はありません)から空気の振動すら伝わってくるようなスローで崇高な曲まで揃え、曲毎、部分毎にサウンドプロダクション(ストリングスアレンジのオン/オフやギターサウンドをわざと荒くするなど)を微妙に変え、シャロンの歌声も前作以上に幅広い声を使い天使のような歌声に加えて、同じ女性の声とは思えないような低く邪悪な声(あの天使声に慣れているだけにその効果は予想以上に大きい)を披露し、聴き手の感情曲線は今まで以上に大きな起伏を味わうことが出来ます。ここまで人間の声が一つの楽器としてその音色やトーンに心地よさを感じさせ、息継ぎすら歌の一部として必要不可欠であると思わせるのは現代のロック/メタルの世界ではシャロンが唯一の存在かもしれません。いや、これほど人の心を動かす歌唱を聴かせるのは広い音楽シーンを見渡しても数少ない一人かも知れません。
アルバムはドラマティックな(1)The Howlingから(5)The Heart of Everythingを聴き終わるころには新たな名作であることを確信する高水準の楽曲で埋め尽くされています。パンチのある(2)What Have You Done、WITHIN TEMPTATIONの何たるかが詰まっている(4)Our Solemn Hour、超音波のようなファルセットが聴ける(7)The Cross
、アルバムのラストを飾る号泣必至の珠玉のバラード(11)Forgiven...各曲の個性が際立っている分アルバムとしての流れの良さやトータルバランスが整っており前作[The Silent Force]以上の“力”を感じます。
美しい歌声という人間にとっての普遍の魅力をこれまで以上に上手く活かす方法を手に入れたバンドは、まだロック/メタルの世界でしか浸透していないその存在をより幅広い層に広めるでしょう。
posted by replicant at 03:21| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43001244

この記事へのトラックバック

Within Temptation - The Silent Force
Excerpt:  女性ボーカルで高音域がかなりしっかりしていてバックの演奏がヨーロッパ的で、歌メロがある程度キャッチーだったりすると概ねアニー・ハスラムを彷彿させる、と言われることが多い。もっともその領域でそのまま居..
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2007-07-14 09:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。