2007年04月23日

RAINTIME [FLIES&LIES]

raintime-fliesandlies.jpgフライズ・アンド・ライズ
レインタイム
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2007-03-21

by G-Tools


イタリア産メタルバンドの2ndアルバムです。予想以上の成長を見せてくれました。インタビュー等で本人達も公言している通り、獰猛なデスメタルと正統派メタルのエッセンスを上手く取り入れ、キーボードを使った煌びやかなアレンジとデスヴォーカルとメロディックヴォーカルを使い分けるスタイルはCHILDREN OF BODOMの弟分といった印象ですが、DREAM THEATERやSTRATVARIUSなどの影響も垣間見え、デスメタルのブルータリティーよりもアレンジの多彩さやメロディーの際だちで曲の魅力を高めているため、聴き疲れすることなくアルバム全編楽しめます。ヴォーカリストのクラウディオ・コアシンは今では同系統のバンドの誰もがやっているデスヴォーカルとメロディックヴォーカルを使い分けるスタイルをかなり高次元で行っており、元SKID ROW のセバスチャン・バックのように聴こえる部分があるかと思えば、STRATVARIUSのティモ・コティペルトのように聴こえる時もあり(デス声も1stに比べると随分迫力を増している)、この器用さに経験が加わればなかなか面白い存在になるのではないかと思います。CHILDREN OF BODOMの尖鋭性にヨーロッパのバンド特有の憂いを含んだメロディーが全面に押し出され、その暴虐性と聴きやすいポップセンスがとてもバランスよく溶け合っています。TRIVIUMなどもそうですが、彼らのような若いバンドの多くは北欧メロディック・デスメタル以降の影響しか受けておらず、おそらくこれからそれ以前のスラッシュメタルやニューウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル以降の純粋な意味でのヘヴィメタルの要素を自身の中でどのように咀嚼してくかが成長の大きな鍵になると思われますが音楽理論を学んだメンバーがいるだけに今後もそつなく成長する事が期待されます。
まだこの1曲というものはありませんが全体的なレベルの高さ(本当に捨て曲はないです)で見事にアルバム全体の集中力を保っています。(2)Rolling ChancesにLiquid Tension ExperimentのAcid Rainが出てくるのはご愛敬。(8)はマイケル・ジャクソンのあのBeat Itのカバーですがライブの定番にしても良いくらいにとてもいい出来だと思います。


試聴する
posted by replicant at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。