2007年03月28日

SKILLET [Comatose]

B000I0QJI4Comatose
Skillet
Lava 2006-10-03

by G-Tools


昨年リリースされながら私も全くノーマークだったバンドSKILLETは、これまでも日本発売がないバンドで男女2人ずつの4人組です。本作からのシングル曲[Rebirthing]をバンドのサイトで見てその即効力のあるメロディーに釘付けになりそのままアマゾンで注文してしまったアルバムです。[Rebirthing]だけを聴いた印象ではEVANESCENCEやラップを取り除いたLINKIN PARKといったマイナーキーを得意とする今時のバンドといった印象でしたが、アルバム全体を聴いてみると、すべての曲に耳を惹き付けるフックが存在し、凝ったヴォーカルアレンジや整理整頓されたサウンド(ややオーバープロデュース気味か)から80年代末期のハードロックバンドを想起させます。ヴォーカリスト、ジョン・L・クーパーの声質がHAREM SCAREMのハリー・ヘスにそっくりなこともあってか1st、2ndの頃のHAREM SCAREMらしい雰囲気が多分に感じられました。もちろんそこにProToolsで切り貼りした様々なテクスチャーが現代のバンドであることを主張してきますし、PVではギター、キーボードもこなしているコリー・クーパー(ジョンの奥さん?)のサブヴォーカル的な味付けがそれを決定づけています。プロデューサーは今や売れっ子コンポーザー/プロデューサーのブライアン・ハウズ。HINDERDAUGHTRYで結果を出しているブライアン・ハウは今回も楽曲、サウンド(ミックスはデイビッド・ボトリルとクリス・ロード・アルジ!)両面で良い仕事をしています。すべての曲があまりにそつなく、完成度が高いので、現代版産業ロックと言いたくなってしまいますが、すべてが収まるべきところに収まっているという意味では非の打ち所のない、捨て曲なしの高水準アルバムと言えるでしょう。
しかし、気になるのはこれほどの完成度を誇りながら日本はおろか、アメリカ本国でもそれほどセールス面で成功していないということです。ミュージックシーンでの成功にはバンドの質の他にもレコード会社、マネージメント、タイミング等が複合的絡んでいるのですが、トレンドの終焉とともに多くのバンドの息の根を止めてきたアメリカ音楽ビジネスの悪しき習慣の犠牲になるとしたらあまりにも悲しすぎます。以前の作品を聴く限り若干ヘヴィロック臭が強かったものの本作では完全にメロディーオリエンテッドな曲作りにフォーカスしており絶対きちんとプロモーションすれば日本で大ヒットすることは間違いないと思うのですが・・・興味を持った方はとにかく試聴してみてください。

試聴する
posted by replicant at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37112537

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。