2007年03月19日

THE ANSWER [Rise]

B000FIH4ZQRise
The Answer
Alberts 2006-06-26

by G-Tools


この北アイルランド出身のTHE ANSWERを聴いてTHIN LIZZYやLED ZEPPELINに辿り着く若いロックファンはおそらく沢山いるでしょう。コーマック・ニーソンから放たれるエネルギーはブリティッシュ・ロックの正統な継承者であると高らかに謳い、アルバムは一度聴いただけで流行色で彩られた他のバンド達を矮小化させてしまう(困った事に自分が大好きなバンドまでもが遠くかすんでしまう)、THE ANSWERのロックはそんな気高いブリティッシュ気質に満ちあふれています。まるで70年代から抜け出してきたようなルックスとサウンドはLED ZEPPELIN、FREE、WHITESNAKE等のバンド達の血統証付きであると主張しているような感じです。スタイルの継承のみならず、曲のクオリティーも非常に高く、ブルージーでパワフル、そしてニーソンの歌の魅力を最大限に引き出す“古き良きロック”を体現する楽曲群は現代のバンドであることを忘れてしまいます。英国を中心にすでに有望な若手バンドとしてかなりの評価を受けているらしいのですが、欧米に比べてこういう種類のロックが受け入れられる土壌が比較的小さい日本でどのように受け入れられるのか、ロックシーンを盛り上げる存在になるのか、また上に挙げた先人達やBLACK CROWSあたりを思い浮かべられる世代はともかく、こういうサウンドに初めて触れる10代のリスナーは彼らのようなサウンドをどのように受け止めるのか非常に興味深いところです。

ロックシーン全体を見廻してもヴォーカリストの才能は70年代、80年代に比べて枯渇していると言えます。だから余計に彼の歌唱のような情熱と技術を併せ持ち、それらを同居させる術を心得た素晴らしい才能には畏敬の念すら抱いてしまいます。

昔々、私にとってGUNS N' ROSESの1st[Appetite For Destruction]は理解するのに時間がかかったアルバムでした。雑誌では軒並みべた褒め、ビデオもヘヴィーローテーション、しかしまだ子供だった私が聴いた印象はそれほど即効性のあるものではありませんでした。それが聴いているうちに今まで弛緩していた感性がゆっくりと溶解してとんでもない傑作であることに改めて気付き、今思えば価値観すら変えてしまった私の中でも数少ないアルバムとして聴き続けています。
THE ANSWERをGUNS N' ROSESと並べるつもりは全くありませんが、ニーソンの歌唱は今ロックを聴く若いファンに温故知新の旅に出る扉を開けさせるきっかけを作る事の出来るバンドであると言えるでしょう。素晴らしい!!

試聴する
posted by replicant at 00:33| Comment(2) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
是非 聞きたくなったぜ!ウルティマもな。メキヒコのロックも捨てたもんじゃないって言ってたぜ
Posted by マスク・ド・ウルティマ at 2007年03月20日 21:43
ウルティマさん、コメントありがとうございます。

今や中南米はロック系ライヴの盛り上がりがとてつもない事で有名ですからね。アーティストの背中を押すあの大合唱は日本のライヴ会場では真似出来ませね。
Posted by replicant at 2007年03月21日 03:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36320439

この記事へのトラックバック

The Answer - The Answer
Excerpt:  黄金の1970年代ハードロックバンドに影響を受けたバンドってのはいつの時代でもフォロワーとして君臨することがあって、大体がその場どの場でメディアに祭り上げられて期待させるような宣伝文句にそそのかされ..
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2007-04-09 22:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。