2007年02月09日

Daughtry [Daughtry]

昨年中に買っておきながら忙しさのあまり、まだ聴いていないアルバムが増えてきたので、普段よりサクッと紹介します。文章にする時間がないだけで、決してこれらのアルバムを軽視しているわけではないので、これまで同様の推薦盤です。

B000K2QL7Yドートリー
ドートリー
BMG JAPAN 2007-01-24

by G-Tools

アメリカン・アイドルというオーディション番組で注目されたクリス・ドートリー率いるバンド名義によるデビューアルバム。スキンヘッドで武骨なルックスからは想像できないような滑らかで良く伸びる声量と誠実さを帯びた声音が心地よいクリスのヴォーカルを中心に据えた大らかなハードロック(AOR風という言葉が通じるかわかりませんがそのような雰囲気)をやっており、シングル(1)It's Not Overに代表されるようにNICKELBACKとMATCHBOX TWENTYを掛け合わせたようなサウンドです。ブックレットにはクリス以外のメンバーも写っていますが、クレジットを見る限りバンドとしての活動はアルバム発表後からのようで、演奏陣はロックファンなら1度や2度は聴いた事のある腕利きミュージシャンの名が並び、コンポーザーについてもミッチ・アラン(SR-71)、ベン・ムーディー(EVANESCENCE)等などヒット曲を持っている人達が固め、そしてプロデューサーは現在売れっ子No,1プロデューサーのハワード・ベンソン・・・レコード会社の猛プッシュぶりが良く伝わってくる人選です。実際、その期待に違わぬ素材を生かした上での彼らの仕事っぷりは見事です。
ロックとして熱いか?と聞かれればそういうタイプではないと思いますが、クリスのヴォーカルに身を委ねて、伸び伸び歌う様に心惹きつけられる楽曲群はどれも並外れたものなので、これらが次々とシングルカットされると1年後もアルバムトップチャートに入っている可能性すらあります。特に(1)It's Not Over(2)Used To(3)Home(4)Over Youは素晴らしい出来!

試聴する
posted by replicant at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドートリーさんIT'S NOT OVERのPVと歌詞です
Excerpt: ドートリーさん苦労人みたいで、こんな人が売れるのって嬉しいです。PVも最初怖いけどラストいいです〜。
Weblog: 洋楽ランキング・ヒットチャートトップ10(歌詞付)
Tracked: 2007-02-26 22:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。