2007年01月24日

Red Jumpsuit Apparatus [Don't You Fake It]

B000G0MI86Don't You Fake It
The Red Jumpsuit Apparatus
Virgin 2006-07-18

by G-Tools


またひとつ有望な新人の登場です。フロリダのジャクソンヴィル出身の5人組でこれがおそらくデビューアルバムになります。そのサウンドは例えるならWAKING ASHLANDのジョナサン・ジョーンズ(Vo)がバンドにSTORY OF THE YEARを従えて自らフロントに立ち、歌っているようなサウンドで、美しいメロディーの瑞々しさとSTORY OF THE YEARなどスクリーモ系が持つドライブ感を併せ持つのが特徴です。ジャンル分けすればエモ/スクリーモに分類されるバンドですが、曲を1回聴いただけで口ずさめるようなポップなヴォーカルメロディーと適度にハードな質感を帯びたギターを中心としたサウンドが心地よく、ポップフィールドに進出できる程の普遍的な魅力に溢れたロックバンドと言えるでしょう。
特に(1)In Fate's Hands〜(6)Cat And Mouseの流れは素晴らしく、飛び跳ねるような若々しさと、どうしたって耳から離れない甘くせつないメロディーの洪水で時間が経つのも忘れてしまうくらいです。どの曲もシングル候補となるようなキャッチーなメロディーが存在し、なおかつそのどれもが幾つもの色彩を表しており、似たような歌メロにならない曲作りをすることが出来る器用さを持ち合わせた新人という意味で同系統のSAOSINに並ぶ存在ではないかと思います。
シングル曲(4)Face Downは1度聴けば“アルバムを聴いてみよう”と思わせるだけの十分な引力を備えているアルバムのハイライトとなる曲ですが、他にも(3)False Pretense、(8)Atrophyなど同等の魅力を備えた曲が並び、アルバムを聴き終わると再び再生ボタンを押さずにはいられない中毒性を持っています。

ただひとつ気になるのは申し訳程度に挿入されるスクリームの貧弱さでしょうか。取ってつけたように苦しそうな声音で挟まれる叫び声はせっかく素晴らしいメロディーがあるのにそれを興ざめさせる効果しか得られていないように思います。(実際にも(4)Face DownのPVではそのわずかなスクリームを編集でカットしたバージョンになっている。)

このアルバム、国内盤の発売が2月末に決まりましたが最近は良いバンドでも国内盤のリリースが見送られたり、大幅に遅れる事も多々あるので、もし試聴して気に入ったのなら輸入盤を購入してしまった方が良いと思います。国内盤の発売を待っている間に購入欲がそがれ、新たなCDへと気持ちが移りこのバンドの存在が埋もれてしまうのはもったいない事だと思うので。SAOSINとのセットでの来日願!!

試聴する
posted by replicant at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このバンド、実はかなり気に入っています。まだまだ未熟な所がありますが、将来楽しみなバンドですよね。今後も期待しましょう。

国内盤が出るとはめでたいです!

http://blog.goo.ne.jp/metsibasaito/e/a6d2719d3606fce0242f5d6967963abb
Posted by ギル at 2007年01月26日 00:33

ギルさん、お久しぶりです。

ギルさんはプログレやデスなど割と暗黒系と勝手にイメージしていたので(笑)このRed Jumpsuit Apparatus好きなのは意外であり、なんかうれしいです。

このアルバムも国内盤発売までに約半年。最近こういうのが多いですね。。
Posted by replicant at 2007年01月26日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。