2007年01月01日

BLIND GUARDIAN [A Twist In The Myth]

B000GLKRDSA Twist in the Myth
Blind Guardian
Nuclear Blast 2006-09-05

by G-Tools


ドイツが誇るメタルバンドのひとつではあったにせよ、最近はAVENGED SEVENFOLDの発言(BLIND GUARDIANやSONATA ARCTICAに影響された)でアメリカ市場でも急速に注目度が高くなっているBLIND GUARDIANのニューアルバムが素晴らしい内容になっています。
前々作[Nightfall In Middle Earth]はそれまでの集大成的作品として“極めた”アルバムであったとするならば、前作[A Night At The Opera]はBLIND GUARDIANが自分たちが進むべき方向を吟味し見事具現化し、新しい領域へ踏み出した作品でした。
本作も基本的にその前作を踏襲した内容になっていますが、その表現力はより多角的に広がり、疾走するメタルとクラシック音楽のクワイアやケルト音楽の牧歌的なメロディーを組み入れたスタイルにロックンロールの要素も顔を覗かせる幅広さを持ち、デビュー時にはヴォーカルさえ良ければ...などと揶揄されることもあったハンズィのヴォーカルもクリーンな高音から朗々と歌い上げる低音まで非常によく声をコントロール出来るまでになり、ジャーマンメタルファンはもとより、もっと潜在的なメタルファン(例えばEVANESCENCEは聴くが他のメタルは全く知らないようなファン)までも取り込もうとするような野心的な内容となっています。
先行シングルになった(4)Flyはまさにそういう曲で聴いてまず思ったのが随分シンプルだなということと、ハンズィのヴォーカルの変化です。ヴォーカルのメロディーを無視して聴いてみるとメタルというよりもほとんどロックンロールといえるほど“軽さ”を持った曲で、ヴォーカルメロディーこそBLIND GUARDIANのものですがハンズィのヴォーカルスタイルは力んだり、ザラつかせたりすることなく非常に“キレイ”な印象を与える歌唱でした。私はこの1曲を聴いて非常に不安を覚えた一人ですが、こうしてアルバム通して聴いてみるとそれはBLIND GUARDIAN印の付いた恐ろしくクオリティーの高い楽曲ばかりであり、BLIND GUARDIANとしての根幹には、これまで彼らのライブに足を運んだファンを納得させる基本を崩さずに、飽くなき質の追求と新しいことへの挑戦をしつづけるストイックさが伝わって来ます。“漢”らしさが大幅に薄まり、これまで長尺傾向にあったのが4〜5分台とコンパクトに収まった楽曲に“物足りない派”“新規参入派or再発見派”に別れそうですが、物足りないと感じる方もアルバム通して聴いた時の満腹感も決して前作に劣るものではないと思いますし、個人的には過装飾と感じた前作のアレンジと比べてダイレクトに曲そのものの良さが伝わってくるアレンジのレベルであると思います。(1)This Will Never End(2)Otherland(3)Turn The Pageの流れは完璧なBLIND GUARDIANだし、お得意のケルト節全開の(9)Skalds & Shadowsもあります。アルバムを何度も何度も聴いてるうちに始めは少し懐疑的だった自分の中でもこのアルバムはどうやら重要なものになりそうだという実感が湧いてきました。
2月にはANGRAとの奇跡のようなカップリング・ツアーが実現する彼ら。ヨーロッパでの彼らの人気に比べると日本での彼らはもっと評価されていいような気がするので、ぜひこの来日公演を起爆剤にしてほしいものです。
posted by replicant at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
またReviewを参考にして、CDを購入したいと思いますので、楽しみに拝見させていただきますね(^^♪
Posted by ビィちゃん at 2007年01月01日 13:37
あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

楽しみにされていると思うと気合も入ります(笑)頑張ります。
Posted by replicant at 2007年01月01日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30608497

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。