2006年12月24日

POISONBLACK [Lust Stained Despair]

B000H3064ALust Stained Despair
Poisonblack
Century Media 2006-09-04

by G-Tools

SENTENCED存命時にサイドプロジェクトとして存在したヴィレ・レイヒアラのPOISON BLACKが彼の新しいライフワークとなり、通産2枚目のアルバムをリリースしました。1stアルバムではヴィレはギタリストでしたが本作では1stアルバムで歌っていJ.P.レパルオトがの脱退によりヴィレがヴォーカルを兼務しています。本作を聴いて思うことはSENTENCEDはやはりSENTENCEDであったということでしょう。現在、ヨーロッパに広く蔓延するゴシックメタルなるものはSENTENCEDやPARADISE LOST等のバンドによってその下地が作られ、その後数多くのバンド達にその型が様々な解釈で受け継がれ、特にヨーロッパではひとつのジャンルとしてしっかりとシーンに根付いていますが、彼らが別格とも言える存在感を発していたのは、ゴシックメタルたる暗く冷たい様式美に80年代のヘヴィメタルにあった細やかな構築美、叙情性を導入することによって生まれる激しさ、重さとエモーショナルなメロディーの劇的な融合に言及することが出来るのではないかと思います。特に遺作となった[The Funeral Arbum](2005)ではメタル的ダイナミズムとゴシックの持つ耽美的な美しさと彼ら特有の激情が高次元に融合し、このスタイルにおけるひとつの最終形を提示しました。そのヴィレがいるにも関わらずこのPOISON BLACKはSCNTENCEDとは基本的に異質のものであると感じます。もともとSENTENCEDはガッチガチのデスメタルバンドとしてスタートしているので、そこには最初からメタル特有の早く複雑なリフがありバンドの最終形に至るまでにもそうした伝統的なメタルの要素に溢れていたのに対して、本作にてヴィレが弾くギターにはそういったメタル様式の影響が薄い感じがします。どちらかというとHIMが実践しているような、初期ブラックサバスから影響を受けた90年代のヘヴィロック的な音圧を重視したようなものが目立ちます。よって繊細なアレンジと絶望感を想起させるメロディーで劇的なメランコリズムを表現する方向性は同じでもSENTENCEDがメタルに軸足を置いているとするならば、POISON BLACKはヘヴィロック的な質感が含まれていると感じました。もちろんSENTENCEDにはミカ・テンクラ(g)とサミ・ロパッカ(g)という作曲担当のメンバーが他にいたのでそこが一番の違いを生み出しているのは当たり前ですが、ヴィレが歌っていることで薄まるギャップは想像以上に大きいし、それだけの特徴を持ったヴォーカリストということなのでしょう。
このアルバムは我々がPOISON BLACKに対して(ヴィレに対して)期待するものをかなり忠実に提供してくれています。SENTENCEDが宿していた独特の“冷気”のようなものは薄れ、逆に“慟哭”と呼ぶに相応しいヴィレの煮えたぎるようなヴォーカルを中心に据えたドラマティックで強烈なフックを持った曲が多くPOISON BLACKとしての個性を確立しています。
しかし冒頭にも述べたようにSENTENCEDを失った喪失感が癒されることはありませんが、少なくともそのDNAを受け継ぎつつ転生したバンドの作品として素晴らしいアルバムですし、逆にHIMなどを聴くファンが始めてこの名前を聴いたのならぜひ聴いていただきたいとお勧め出来るものです。

試聴する(4曲目のRushのVideoが見られます)
posted by replicant at 05:05| Comment(2) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早いですが、今年も一年間(ブログを始めたのは9月からですけど^_^;)いろいろとお世話になりました。今までやってこれたのも、いろいろコメントなどでやりとりできたからだと本当に感謝しています。
来年もさらにreplicantさんにとって良い年になりますように!それではよいお年を(^o^)/
Posted by ビィちゃん at 2006年12月30日 15:13
こちらこそありがとうございました。

同じ音楽を好きな人がいると判るのはそれだけで嬉しいものですよね。

私もまた良い音楽がたくさん紹介出来るように頑張っていきますので宜しくお願いしますね。
Posted by replicant at 2006年12月30日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

憧れに近づけ!ボイストレーニングカルチャー・クラブ
Excerpt: ボイストレーニングで歌がうまくなりたいならば、ゴールをさだめて発声練習です。 好きなミュージシャン、ヴォーカリスト、ボイストレーニングをするきっかけは何だったでしょうか? あこがれの人みたいな声を..
Weblog: おふざけボイストレーニング方法
Tracked: 2006-12-24 07:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。