2006年10月25日

TRIVIUM [The Crusade]

trivium-crusade.jpgTHE CRUSADE
トリヴィアム
ロードランナー・ジャパン 2006-10-04

by G-Tools

――TRIVIUMは進歩し続けている。―――
前作[Ascendancy]は北欧メロディック・デスメタルへの憧れをそのまま表現した1stから大きく進化し、“TRIVIUM自身のメタル”へと成長した大出世作となり新世代ヘヴィメタルの旗手と言われる程の評価と成功を手に入れました。デスメタルの獰猛さ、正統派メタル的構築美、キャッチーなヴォーカルによる取っ付きやすさを備えた[Ascendancy]は若いメタルファンには新鮮さと衝撃を与え、長年のメタルファンにはアメリカからこういうバンドが登場したというメタルシーン自体のポジティブな変化を歓迎しました。
そんな彼らの3rdアルバムは当然注目が集まる訳ですが1stから2ndへの過程を上回る飛躍的な成長を遂げています。演奏がタイトでよりテクニカルになったのは前作に伴うツアーの賜物でしょう。叫ぶのを止めたのは彼らの前作発表後からの学習能力(彼らの興味は北欧デスから遡って80年代メタルへと向けられたようだ)やシーンの先を読む洞察力(メタルコア界のその他大勢との差別化)などが影響しているでしょう。
革新的というわけではありませんが、ギターリフの持つ殺傷力(特に顕著なのは80年代ベイエリア・スラッシュのような鋭利で複雑なギターリフの影響)と正統派メタルからデス、スラッシュの様式まで網羅する多彩さが、ただ叫んでいるだけではない“ちゃんと考えられたヴォーカルメロディ”を駆使することで前作以上の深みのある作品になっています。今回大成長したマットのヴォーカルはARCH ENEMYの前座で来日したときは勢い任せでメロディーヴォーカルは結構甘かったですが、そのメロディーセンスを存分に発揮した新曲をライブでどこまで表現出来るのかも見ものです。そして、散々言われていることではありますが、やはりMETALLICA、MEGADETHの影響は作品のあちこちで感じることが出来ます。
前作以上にフューチャーされているギターソロに関してはやや弾き過ぎの感は否めません(メロディーよりもテクニックが優先される場面があり、マイケル・アモットのようにテクニックに裏打ちされた素晴らしいメロディーばかりという訳ない)が、今自分たちがやっていることに対する自信と情熱と勢いをぶつけたような圧倒する力に満ちていて決して曲から浮いていないのも成長した証でしょう。

もはや今の時代にこの[The Crusade]がMETALLICAの[MASTERS OF PUPPETS]のような革新性は求められませんが、あのころの興奮やメタル熱は間違いなくこのアルバムからも発せられています。AVENGED SEVENFOLD、BULLET FOR MY VALENTINE、Killswitch Engageなどとこれからのメタル界を引っ張っていく者として確かな存在感を見せつけた傑作です。聴き逃さないでくださいね。

試聴する
posted by replicant at 22:12| Comment(7) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
かなりこれは賛否両論な作品ですね。悪評は聞きませんが、前作の方が良かったという声があります。
私も最初はとっつきにくいと思っていましたが、今では“Acendancy”は一目惚れ的アルバム、“The Crusade”はじわじわと良さが解ってくる、スルメ的アルバムって感じですね。
でもどちらもサビのメロディアスな部分は変わってない、言い換えるなら全体の根っこは変わっていないので、安心しました。
仰る通り、これからもTriviumには前のめりで頑張ってほしいですね。
Posted by ピタゴラスイッチ at 2006年10月26日 09:39
ピタゴラスイッチさん、お久しぶりです。

賛否あるのはそれだけ前作を聴き込んで思い入れがある人が多いということですね。前作を気に入った方なら必ずこのアルバムも気に入ると思います。ピタゴラさんの言う通り根本は全くブレていませんからね。
Posted by replicant at 2006年10月27日 00:05
こんにちは♪
TRIVIUMの新譜は若い人には非常にウケがいいけど、30代以上の人にはちょっと微妙なんでしょうか(汗
確かに80〜90年代のスラッシュ・デスの影響がハッキリ取れますね。
私は当時LAメタル派でスラッシュは後追いなためそれほど違和感がないのですが、リアルスラッシュ派からすれば「懐かしく」もあるけどまだ「練りが甘い」というアンビバレントな感覚に陥ってしまうのかもしれません(汗
でも忘れがちですが、TRIVIUMはまだ20才そこそこの至極若いバンドなんですよね。そんな彼らが自分達が”今”好きな音を追求して表現したアルバムは、スラッシュとデスメタルへの愛情と信念が溢れてる「メタル」アルバムだと思います。私は大好きです♪
TRIVIUM、この目でしっかりと見てきます!
Posted by Airy at 2006年11月23日 19:47
メタルという音楽はイージーリスニングなポップ・ミュージックと異なり作る側も聴き手側も誰もがある種の形を意識しながら聴いている(作っている)と思いますが、メタルというコアなジャンルにあって、より広範囲をカバーする音楽へ成長して今では全メタルファンが聴けるメジャーな存在へと成長しましたよね。
おっしゃる通りまだとても若いので、メタルが好きで好きでたまらない感が伝わって来てほほえましくもありますね(笑)
Posted by replicant at 2006年11月28日 00:03
replicantさんのレビューを読んで、購入し、聴いてみました。あとでレビューとして載せれたらと思ってましたんで、その時にまたお邪魔します(^^)v
Posted by ◆ ビィちゃん ◆ at 2006年12月23日 14:48
私のブログを読んでこのCDを買ってくれたなんてとても嬉しいです。まさに自分がこのブログを始めた動機そのものなので(笑)
レヴューも楽しみにしていますよ。。
Posted by replicant at 2006年12月23日 23:45
やっとReviewで取り上げることができましたので、お知らせしておきますm(__)m
Posted by ビィちゃん at 2007年02月03日 14:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26159024

この記事へのトラックバック

自分達のルーツと嗜好が正直に出た TRIVIUM : The Crusade
Excerpt: 寝てばかりいて全然アルバムレビューが進まないダメメタラーですw今年ももうあとちょっとだというのに、レビューしてないアルバムが一杯積み残されてます(T_T)気ばかり焦るけど、出...
Weblog: Spirit In The Sky
Tracked: 2006-12-22 13:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。