2006年10月04日

IRON MAIDEN [A Matter Of Life And Death]

B000H7JD4KA Matter of Life and Death
Iron Maiden
Sanctuary 2006-09-05

by G-Tools

おそらく今年発売になるハードロック/へヴィメタル系アルバムの中でも最も重要なアルバムのひとつ、IRON MAIDENの[A Matter Of Life And Death]が発売になりました。
ブルース・ディッキンソンが再加入して3作目となりましたが、このところの欧米でのバンドに対する追い風を受けてか、とても野心的なアルバムという印象を受けます。おそらくアルバム全体通してここまで密度の濃い、音数の詰まったアルバムはIRON MAIDENの全カタログ中1番ではないでしょうか。
前作[Dance Of Death]は、新生IRON MAIDENのスタートを成功させた前々作[Brave New World]を受けて、よりバラエティーに富んだ個性の強い楽曲を集め、飽きの来ない素晴らしいアルバムでした。
本作はすでに各メディアで“複雑な”とか“プログレッシブ”などと表現されている通り、多くの要素が詰まった複雑でシリアスなアルバムであると思います。1曲1曲のブルースの歌唱のアグレッシブさや歌詞内容のシリアスさ、ギターリフの重さなど、いつものIRON MAIDENの作品よりへヴィだと感じる要素がアルバム全体を支配しています。もともと長めの曲が多いバンドではあるものの、[戦記]という邦題が表すとおりアルバムを通して一貫したトーンがあり、現代の世相を映し出すかのようなダークなムードを感じます。CDのブックレットでは“なぜだか判らないが当初のテンポよりも遅くなっていた”曲をそのほうが重みや威厳といったものを表現出来て良いからという理由でそのままレコーディングされたことも、何となく前のめりな疾走感が感じられない理由でしょう。しかしこのような書き方をしたからと言って否定的なわけではありません。聞き手に集中力を要するという意味で前作のような即効性はありませんが、聴けば聴くほど新たな魅力を発見できる緻密な構成力をまざまざと見せつける曲は実は1曲1曲聴くと最初に感じた“ダーク”といった印象は感じず、いつものIRON MAIDENと同列に並べても一切違和感は感じない曲ばかりです。私自身もこのアルバムを何度となく聴いていますが好きな曲もどんどん変化し(ちなみに私が現時点で1番気に入っているのは(5)The Longest Day)、結局IRON MAIDENは全くブレていないのだ、という結論に至りました。2・3回アルバムを通して聴いたら後は気に入った曲だけ再生したくなるアルバムが乱発される中、IRON MAIDENは常にアルバムをひとつの単位と考え創作してきて、本作でも繰り返し聴きたくなる魅力満載でバンドが迎えた何回目かの全盛期はまだ続くと確信出来るアルバムだと思います。

試聴する
posted by replicant at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24903226

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。