2006年09月28日

DREAM THEATER [Score]

B000GRTSFAスコア~フル・オーケストラ・ライヴ 2006
ドリーム・シアター
ワーナーミュージック・ジャパン 2006-09-06

by G-Tools

バンド結成20周年を記念して行われたツアーのファイナル、地元NYのラジオ・シティー・ミュージック・ホールでのオーケストラとの共演を収めたライヴDVDが発売されました。
他のどんなバンドも太刀打ち出来ないほどの圧倒的なライブでの演奏力、構成力、そして曲の良さを誇るDREAM THEATERなのでこの20周年を迎えるまでに数多くのライブ盤が存在しますが、この[Score]はただのライブの記録以上の意義がしっかり詰め込まれた内容になっています。
バンドが各時代に残した曲を次々にアルバムよりも素晴らしいバージョンで披露する前半は幻の曲[Raise The Knife](アルバム[Falling Into Infinity]から外された曲で当時のバンドの危機的状況をDisc 2でマイク・ポートノイが語っているのが興味深い)のサプライズまで飛び出し[The Spirit Carries on]でクライマックスを迎えます。この曲での会場の一体感と素晴らしいメロディーに思わず涙が出そうになります。この日の5人の演奏はとても素晴らしく、サウンドももしかしたらレコードより良いのではないかと思う程で、とくにジェイムス・ラブリエのパフォーマンスは技術的に高い歌唱力を要求される曲を楽々と歌いこなすのは当然といった感じで、各曲への感情移入度も大幅に増しており現在の彼の状態が最高を維持しているのが判ります。一糸(指?)乱れぬ演奏技術と歌唱力にこれまでなかった高い表現力を加えたDREAM THEATERのライブは以前の彼等すら霞んで見えてしまうほどの存在感を放つまでに変貌していました。
そしていよいよ第2部です。[Six Degrees Of Inner Turbulence]がオクタヴァリウム・オーケストラとともに演奏されます。アルバムではキーボードでオーケストラ風にアレンジされていたOvertureはやはりアルバムより格段によいバージョンに聴こえます。オケの編成や音のバランスは若干甘いですが、この40分を超える大作がオーケストラとともに淀みなく演奏されるのは本当に圧巻です。歌詞に出てくるキャラクターを演じるように歌うラブリエも活き活きとしていて、オーケストラとともにこの曲を新たな次元に運んだのは間違いなく彼の素晴らしいヴォーカル・パフォーマンスだと言えます。
他に選ばれた曲もオーケストラと共演するに相応しいエピックな曲ばかり。とりわけアルバム[Octavarium]の名曲Octavariumはオーケストラ効果もあって、よりオーガニックな魅力に溢れ、曲の持つ隠れた(本来の)姿を見せつけくれる名演です。最後に相応しい、普段より煌びやかに演奏されたMetropolisが終わった時、その場にいたわけではないのに良い音楽に心が満たされてとても幸せな気分になれました。
DREAM THEATERは長いキャリアの中でもおそらく今がトップコンディションなんだろうと思います。20年間進化し続けたバンドだからこそ常に“いま”が最高のバンドなんて他に見当たりません。そんな彼らをこれからもずっと追い続けて行きたい、そう思わせるライブでした。このライブ最後のジェイムス・ラブリエの言葉を信じて。“これからも夢を持ち続けよう”

VIDEO TEASER
posted by replicant at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | DREAM THEATER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。