2006年08月28日

STONE SOUR [Come What (ever) May]

B000G8NXBYCome What(ever) May
Stone Sour
Roadrunner 2006-08-01

by G-Tools

SLIPKNOTのヴォーカル、コリーとギターのジムによる2003年以来の2ndアルバムを発売したSTONE SOUR。前作はシングル[Bother]のヒットもあり、サイドプロジェクトにとどまらない成功を収め、ゴリ押し一辺倒に近かったSLIPKNOTと比べ、こちらでのコリーは水を得た魚のようにヴォーカリストとしての様々な潜在能力を発揮していたのが魅力でした。そうした前作の成功はSLIPKNOTの3rdアルバム[VOL,3 (THE SUBLIMINAL VERSES)]にも大いに反映され、一皮むけたSLIPKNOTへの変貌に大きく貢献したと思います。
本作は前作の成功をモチベーションとしながら全ての面でスケールアップが図られ、バンドとしての出音のまとまり感も格段に向上し、楽曲自体が放つ個性もSTONE SOURらしさを確立しつつあるように思います。前作にも共通することですが、SLIPKNOTのファン(コアなファンはともかく)が聴いても十分楽しめる攻撃性を残しながらもより多くのリスナーにアピールする楽曲の幅広さがあり、そのバランス感覚というかさじ加減が今回はさらに絶妙です。
(1)30 / 30-150(6)Rebornはへヴィーでありながらしっかりとメロディーが強調された曲で“SLIPKNOTのメンバーのアルバム”である事を目当てに聴くファンにアピールし、(4)Sillyworld(8)Through Glass(12)Zzyzx Rd等のメロウな曲はノーマルな歌唱でこそ存在感が際立つコリーの変幻自在のヴォーカルが楽曲をさらに立体的に引き立ています。
この(4)(8)等のスロウな曲での丁寧に切々と歌い上げるパフォーマンスは何となく元LILLIAN AXEのロン・テイラーを思い出させるのですが、SLIPKNOTの持つメタル的、へヴィロック的アプローチよりもハードロックという言葉が似合うサウンドと哀愁すら感じるメロディ、そしてコリーの声質がそう思わせるのかもしれません。いずれにしろ、このアルバムを聴いて私はコリー・テイラーというヴォーカリストが一層好きになりました。

試聴する
posted by replicant at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コリィって失礼ながらこんなに唄える人だとは思っていなかったので、アルバムを聴いた時は嬉しい驚きでした。コリィの地声は、ハードな曲をグルーヴ感タップリに唄うのに適してるだけじゃなく、男の哀愁感漂うバラードを唄うのにも良く合ってますよね!
曲もキャッチーで聴きやすいし、SlipKnoTを聴かない人にも充分魅力的だと思います。
Posted by Airy at 2006年08月28日 17:28
良いスクリーマーは普通に歌っても上手いってことでしょうか?フィリップ・アンセルモ然り、SOiLWORKのビヨーン“スピード”ストリッド然りです。

ここまでこのアルバムが良いとSLIPKNOTより売れちゃったらどうすんの?とか思ってしまうのですが、おそらくまた良い相乗効果を生みSLIPKNOTとして凄いアルバムを作ってくれるでしょう。
Posted by replicant at 2006年08月28日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。